概要

  • 機械装置向け3次元CADのiCAD SXの使い方を掲載しています。
  • 自身の備忘録的に当サイトを製作していますが、手順が間違ってたりもっといい方法がある場合など、掲示板にてご指摘、ご意見お願いします。

CONTENTS



画面構成

3次元アセンブリ作成

配置、移動時のショートカットキー一覧


ショートカットキー 基準点選択
面上の点を選択したとき 線(軸)上の点を選択したとき
[無変換]+[Q] 指定した面と、マウスカーソルの指している面とを「方向合せ」 指定した軸と、マウスカーソルの指している軸を「方向合せ」
[無変換]+[W] 指定した面の法線軸で90°単位に回転 指定した軸で90°単位に回転
[無変換]+[E] ・立体配置時
⇒対応する面に基準点を移す
・移動、コピー時
⇒指定した面の垂直方向に反転
・移動、コピー時
⇒指定した軸を鏡映した向きに反転
[無変換]+[R] 指定した面の別の特定点に基準点を変更 指定した軸の別の特定点に基準点を変更
[無変換]+[A] マウスカーソルが指している面の1つ奥の面を配置先にする 無効

ビューの説明

  • 【グローバルビュー】
    • 図枠、部品表などを描く座標系(尺度が存在しない絶対座標系)。
    • 1つの図面に1つだけ存在する。
  • 【基本ビュー】
    • メインの図形を描く座標系
    • 1つの図面中に、正面図や平面図、側面図など6面図に相当する6つの基本ビューが定義できる。
    • 複数の基本ビューを定義することにより、2D図面から3Dモデルを作成できる。
  • 【ローカルビュー】
    • 部分詳細図(異尺図)、断面図を描く座標系。
    • ビュー情報設定を行うことにより、3D的な属性(例:正面図に平行)を与えることができ、基本ビューの場合と同じように3D化していくことができる。