環境設定

5.1 ショートカットキーの活用

よく使う操作のコマンドをキーボードのショートカットキーに割り当てて作業効率を向上します。

  1. Windows 8.1 の場合、[アプリ]-[iCAD SX 環境設定ツール]-[メニューセットアップ]を選択。
    Windows 7の場合、スタートメニューの[すべてのプログラム]ー[iCAD SX]-[iCAD SX 環境設定ツール]-[メニューセットアップ]を選択。
    ショートカットキーの活用
  2. ここでは[ALT]+[M]に[3D移動(;TRANS5)]を割り当て。
    メニューセットアップの[ショートカットキー]タブで[ALT]だけにチェックを入れて、アルファベットキーを展開し、[M]を選択。
  3. ショートカットキーの活用
  4. コマンド一覧から目的のコマンドをダブルクリック(ここでは3D移動)すると名称とコマンドに自動的に入力されて[M]に[;TRANS5]が割り当てられる ⇒ [OK]をクリック。
    ショートカットキーの活用
  5. iCAD SXを再起動すると適用される。

メニューセットアップのコマンド一覧にない場合のやり方。

  1. ここでは[ALT]+[T]に入力制御メニューの[端点(@ENDP)]を割り当て。
    [コマンドキーワード一覧]をクリック。
    ショートカットキーの活用
    目的のコマンド(ここでは入力制御メニュー)を展開し、右側の一覧からコマンドのキーワード(ここでは[端点(@ENDP)])を確認。
    ショートカットキーの活用
  2. 名称に任意の名前(ここでは端点)、コマンドにキーワード(ここでは@ENDP)を入力して[OK]をクリック。
    ショートカットキーの活用
  3. iCAD SXを再起動すると適用される。