図面化

3.1 図枠の作成

自社の図面枠などをインポートしてテンプレートとして使用します。

  1. [ファイル]-[図面変換 インポート]を選択。
    図枠のインポート
  2. インポートするファイルの拡張子(ここではdxfファイル)を選択し、ファイルをダブルクリック。
    図枠のインポート
  3. 図枠をグローバルビューに設定をします。
    ビューの説明はこちら
    アイコンメニュー[ビュー操作]ー[既存ビューに所属変更する]を選択。
    図枠のインポート
  4. 図枠をドラッグして選択 ⇒ 右クリック(GO)。
    図枠のインポート
  5. 座標軸をクリック ⇒ 右クリック(GO)。
    図枠のインポート
  6. 印刷範囲の設定をします。
    [ファイル]ー[印刷範囲設定]ー[A4横](インポートした用紙サイズ、向きによって変更)を選択。
    図枠のインポート
  7. キー入力領域に半角で 0 0 を入力してキーボードの「Enter」で確定。
    ※座標軸が図枠の原点位置に無い時は図枠全体が入るように任意の位置をクリック。
    図枠のインポート
  8. 範囲枠設定で[OK]をクリック。
    図枠のインポート
    印刷範囲が設定される。
    図枠のインポート
  9. [ファイル]ー[名前を付けて保存]を選択。
    図枠のインポート
  10. 保存先(ドキュメントにテンプレートなどのフォルダを作成して)を選択して[保存]をクリック。
    図枠のインポート
  11. インポートした図枠をテンプレートとして使用出来るように設定します。
    Windows 8.1 の場合、[アプリ]-[iCAD SX 環境設定ツール]-[環境セットアップ]を選択。
    Windows 7の場合、スタートメニューの[すべてのプログラム]ー[iCAD SX]-[iCAD SX 環境設定ツール]-[環境セットアップ]を選択。
    図枠のインポート
  12. [フォルダ]ー[テンプレート図面]の[参照]をクリック。
    フォルダーの参照で保存したフォルダを選択して[OK]をクリック。
    環境セットアップも[OK]をクリック。
    図枠のインポート